紅玉屋日記 紅玉屋の今をお伝えします

今年も紅玉の予約販売が始まりました!お届けは9月下旬〜10月上旬よりご注文順に。お届け日の指定は10月以降からお願いいたします。ご予約のページはこちらから、http://webshop.kougyokuya.jp/shopbrand/003/O/

猛暑猛暑と執拗に猛暑をアピールしていた天気予報ですが、暑い日もありましたがそれよりも雨量が多すぎる8月でした。日照時間が例年の半分で雨量が倍だとか。どんな天候にも対応できるよう土壌を改良して備えておりますが今年のような集中した豪雨が続くとやはり病気が蔓延してしまいます。紅玉の病気といえば炭疽病というほど紅玉という品種は炭疽病に弱いのです。次点でうどん粉病。炭疽病の症状は少々エグい写真になることもありますので検索は自己責任にてお願いします。炭疽病に限らずリンゴの病気は雨で蔓延していきますが炭疽病の場合は雨量に比例して恐ろしい感染力を発揮します。炭疽病の特効薬と呼ばれるような薬剤もあるのですが作用が強いものは反作用も強いわけで個人的にはあまり好みません。その結果、案の定と言いましょうか、予想通りと言いましょうか炭疽病大発生・・・。畑の中は炭疽病のエレクトリカルパレード。地面が埋め尽くされるほど紅玉が落ちてます。生育が進むにつれ果実内の糖を餌に増えていきますので最終的な被害はあまり考えたくありません。

そんな被害もある反面、夏が涼しい方がリンゴには好条件なので作柄は全般的に良さそうです。写真のように紅玉もなかなか美味しそうになってきてますし。毎年収穫前には紅玉のジュース、シードル、ワインと夢が弾むのですが現実はなかなかに厳しく今年も夢のままで終わりそう。

また、コックスオレンジピピンにはたくさんのご注文をいただきありがとうございました!おかげさまで無事完売となりました。時期的に作業がかなり厳しくなってきてますのでコックスオレンジピピンは近々扱いが無くなるかもしれません。作るだけ作ってジャムやジュースにしちゃうかも。

日々バタバタしておりますが可愛い娘二人も順調に成長し、あっという間に上の子は小学三年生。今ではなかなか写真も撮らせてもらえません。写真は撮らせてくれるんですけどネットに掲載させてくれないって方が正しいです。成長報告も兼ねてどこかでお披露目したいなと思います。

さてたくさんのご予約をいただいております欧州系ぶどうですがなかなかにいい仕上がりになってまいりました。

パープル

ベニバラ

天山

シャインマスカット

欧州系ぶどうも収穫期が大幅に遅れております。収穫開始までもう数日ほど掛かりそうな状況です。飾り物ではありませんので美味しくなってから収穫しないとね!欧州系ぶどうは大好評販売中となってますのでご注文は下記のアドレスから。この記事を書きながらバリューパックも出しました。お届けがいつになるかわかりませんがお求めやすくなっておりますのでこちらもオススメです。数に限りがありますので売り切れの際はご勘弁を! http://webshop.kougyokuya.jp/shopbrand/013/O/

じわじわと人気を拡大しているものが春紅玉。

春紅玉

こちらは紅玉が終わってから販売が始まるのですが紅玉よりも強めの酸味としっかりとしまった果肉、加熱しても煮崩れしない加工性、さらには恐ろしく日持ちが良いといいことばかりの品種です。ただし、栽培が難しい。すごく面倒。暴れん坊のジャジャ馬。外観に難あり。安定した収穫を続けるにはもう少し工夫が必要なところ。ありがたいことにすでにファンが多数いらっしゃるので栽培面積の拡大も検討中。時期的にグラニースミスと重なるのですがグラニースミスとはファン層が異なる気がします。グラニースミスも春紅玉も酸味が強めの品種ですが、やはり食べてみると違う品種なので違う味なのです。酸味の方向が違うというか、言葉にするにはボキャブラリーが足りなくてもどかしさもありますが実際のところは食べ比べてくださいということで今年のリンゴシーズンも紅玉屋をどうかゴヒイキに!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*